« 自給自足を目指すべき | Main | 迷惑メール »

みどりむし

以前、書いた”蝉の孤独死”に触れた記事を思い出しました。

http://moon999.way-nifty.com/blog/2009/08/post-04f8.html

あらためて読み返してみたら、
ブライアンに関するコメントが印象的。


さて、何故、この以前の記事を思い出したかというと。

数日前のこと、
写真のような「みどりむし」が部屋の中にいました。
Photo

綺麗な緑色だったので、思わず写メを撮ってしまったのですが、
実は虫が大の苦手な私。

今にも飛びそうで、怖くてそのままにしてはおけず、
私としては頑張って部屋の外に持ち出し、
「バイバイ、ごめんね」
と、
飛び立ちやすいように壁?の上に置きました。

翌日、帰宅したら、みどりむしが建物の階段にいました。

「まだここにいたんだ。でも、ごめんね。部屋の中には入れられない」
と声をかけました。
私はみどりむしが、どこかほかの場所へ旅立っていくものと思っていました。

ところが昨夜、帰宅すると、みどりむしが建物の階段でひっくりかえっていました。
「みどりむし?」
と声をかけましたが、息絶えていました。

「みどりむし……」
近くの葉っぱを二枚ちぎって使い、みどりむしを道路脇の土の上の葉っぱの下に運びました。
コンクリートの上より、土の上の方がいいと思ったからです。

「最期に私のところに来てくれたのに、寂しい想いをさせてしまってごめんなさい」
と手を合わせました。

部屋に戻って、みどりむしの魂が自由に飛び回れますようにと音を奏でました。


今朝、目が覚めると、喉が痛くて、
「夏風邪? 疲れが出たのかな」
と思いましたが、思いついて、この”みどりむし”の記事を書くことにしました。

生前のみどりむしは、写真のように綺麗で、
きっと頑張って、精一杯、その生を全うしたのだと思います。

袖触れ合うも他生の縁。
(袖が触れ合うようなちょっとしたことも、前世からの深い因縁によって起こるものであるということ。「他生」は「今生」の対語で、前世と来世の称。この場合は特に、前世の意。 )

生きていると、たくさんの生や死に遭遇します。
誰もがまた、生まれて死んでいく。

その人生の中では、いろいろな問題に悩まされることもあるかもしれませんが、
心をクリアにして、
少しでも「真」のことを見つめていきたいです。

|
|

« 自給自足を目指すべき | Main | 迷惑メール »

Comments

お久しぶりです~
夏場は、かなり遭遇しますよね「虫」…私は家庭菜園で野菜を育てたりしているので、虫に遭遇するのは日常茶飯事ですが←毛虫やアオムシやら…もう~イロイロ(^。^;)
るかさんって女子っぽいんだけど、男子みたいな考え方もするのね~なんて思いました。
本人真剣なのに申し訳ないのですが、オモシロイと思ってしまいました←m(_ _)m 私は8才下に弟がいるのですが、子供の頃はオモシロくて(女子がやりそうもない事をする)私はいつも笑わされていました。
ちなみに私は、カメに遭遇します←用水路から田んぼに水を引くので、紛れ込んで道路に出没?的な~私も田んぼの畝の方に避難させます(^-^)b

Posted by: ちえ | August 04, 2013 at 12:03 PM

ちえさん

こんばんは~

虫はとっても苦手なんですが、
今回は何となく”縁”を感じてしまいました。

それが男子っぽいとは気づきませんでした(笑)

とても綺麗な緑色だったのですが、
後日談ですけど、
コガネムシ
という名前を教えてもらいました。

Posted by: るか。 | August 11, 2013 at 08:33 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60117/57918024

Listed below are links to weblogs that reference みどりむし:

« 自給自足を目指すべき | Main | 迷惑メール »