« 年の瀬に | Main | お正月休み »

個であること、宇宙の一部であること

あけましておめでとうございます^^
今年もよろしくお願い致します

お互いに、いい年にしていきましょう♪


さて、思うことを書きます。

「個であること、宇宙の一部であること」

私たちは普段、
自分とは何か、
自分のすべきことは何か、
自分はどうしたいのか、

などと考えながら、
(自分の)幸せを求めて暮らしているものと思います。

(自分が)誰の幸せを願うのか、
そのために何が出来るのか、

なども含めて。

このように、個のレベルで考えることはとても大切です。

自分の人生は一度だけの大切なものなので、
自分が生まれてから死ぬまで、どのように生きていくのか、
今の自分の生き方は間違っていないのか、、
個のレベルで考えれば、それは一番重要なことです。

でも、個のレベルだけで考えていると、行き詰ってしまうこともあります。

自分の道は間違っていないはずなのに、何故うまくいかないのか?
自分が進む道も見えなくなってしまった、、
何故、誰も助けてくれないのか?
ああ、自分は一人ぼっちだ、、、

などと。

そんな時には、宇宙レベルの視点で考えることが必要になります。

大自然の中で大空を見上げたりすると、宇宙の一部である自分を感じ取りやすいと思います。

自分は、この大きな、どれくらい大きいのかもわからないほど大きなこの世界を、宇宙を作っている、たったひとつの小さな細胞(分子)なんだなあ、
と感じること。

そう考えると、
人間だけ特別なのではなくて、
自分の周りの空気も、木も、花も、地面も、人間以外の動物も、
みんなみんな宇宙を形成している仲間です。

大きな宇宙にとって、たったひとつの細胞、その一生など本当に小さなものかもしれません。
でも、それぞれの細胞は、それぞれの細胞の役目を果たすべきで、
ひとつひとつの細胞が、その役目を果たしているからこそ、大きな宇宙が成り立っている、、、


例をあげてみます。

人間の体は宇宙だといいます。
例えば、私の内臓の細胞のひとつひとつが、その役目をきちんと果たしてくれているから、
私は健康で存在していられるのです。

その細胞のひとつひとつが、
「自分のすべきことはこんなことじゃないはずだ」
などと反乱を起こして、役目を放棄すれば、
私は体の不調を感じるでしょう。
そして周りの他の細胞たちが、役目を放棄した細胞の代わりをつとめようとしてくれるかもしれません。
あまりにも、ひとつの細胞の行動が調和を乱すものだったら、
その細胞は、周りからの大きな力によって、抹殺されてしまうでしょう。
そして私は、元の健康な体を取り戻すことができるのでしょう。

うーん、
わかりやすく例をあげたつもりが、少し本題からずれてしまったかもしれませんが、

宇宙レベルで考えて、
自分の存在は、この大きな宇宙のひとつなんだなあ、
と感じることができれば、
「自分は一人ぼっちだ」
などという考えが、おかしいことに気づけると思います。

「一人ぼっちだ」
と思うのは、個のレベルで考えている結果だからです。

宇宙レベルで考えれば、
「一人ぼっちとか、一人ぼっちじゃないとか、そういう問題じゃないよね」
と思えます。

そして、宇宙の細胞のひとつである自分にも、何か役目はあるはずで、
その役目を果たさなくちゃ、
と、自分の幸せだけを願うのではない気持ちになれると思うのです。

個であること、宇宙の一部であること、
どちらの考え方が正しいというのではなくて、両方大切なのだと思います。

個であることを感じることも大切、
でも時には、宇宙の一部であると感じることも大切。


私たちは穏やかに過ごしたい、少しでも笑顔で過ごしたいと願いながら、
日々、何かと闘っています。

闘うのは自分を守るためなのか、大切な人を守るためなのか、
それは宇宙の細胞の一つである自分を守ること=宇宙のバランスを保つことにつながっているのか、、、

でも、果たしてその闘いは、本当に必要なものなのか――、
立ち止まって考える時間も大切なのだと思います。


行き詰って、躓いたり、泣いたり、怒ったり、
だけど立ち直ったりしながら過ごしているのが、
人間の愛しいところなのかなとも思いますが。


では、新年早々、聴いてみましょう♪
「Street Fighting Man」
(う~、私的には今年は初ストーンズ体験が待っているぅ~



時はきた 闘うんだ
だけど しがない少年にできるのは ロックンロールを歌うことだけ
だって この眠ったようなロンドンの街に
闘う場所なんて どこにもないからさ


|

« 年の瀬に | Main | お正月休み »

Comments

哲学的ですね~
馴れ合いとかではなくて、お互い様だから次から仕損じないように心掛けよう!って思えればいいんですけどね~
そうでない人もいるのでややこしい…
アダルトチルドレン多いですからね~

Posted by: ちえ | January 11, 2014 11:08 PM

ちえさん

あはは、哲学的ですか~

今年も哲学的にいきたいと思います~

Posted by: るか。 | January 19, 2014 04:46 PM

完全に同意します。
僕も常々おなじことを胸において生活しています。

宇宙空間にただようチリが重力によって集まって星となり、地球が生まれ、生物が生まれ、僕たちが生まれた。

重力というものは、いわゆる「創造主」なのだと思っています。

地球の生命は、彗星のカケラだといいます。
この星に暮らす全ての生命が星のカケラなんですよね。

僕たちは、紛れもなく宇宙の一部であり、個ではないんです。

あなたは僕。僕はあなた。
あの人も僕。僕もあの人。

それだけではない、夜空に見える星たちも、僕であるといえるんです。

全てはこの宇宙を動かす法則の中で成り立っています。

Posted by: Nonge | August 28, 2014 11:49 AM

コメントありがとうございます。

共感して頂けるのはとっても嬉しいです。

なるほど、
重力は創造主。。

宇宙の中に存在する
ちっぽけかもしれない魂の輝きを
少しでも感じながら生きていきたいです。


Posted by: るか。 | August 28, 2014 11:49 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 個であること、宇宙の一部であること:

« 年の瀬に | Main | お正月休み »