音楽

「希望 ~明日のために~」

2011年3月11日の震災後、
当時は失業中でもあり、
私は無力感でいっぱいでした。

何かするべきだけれど、何ができるのだろう。。。

地元のボランティアに向かう途中、
考えて出来たというよりも、
自ら生まれてきたかのように、歌ができました。
先に言葉(歌詞)が出てきて、そこにメロディーがつきました。

忘れないように、歩きながら携帯電話に小さな声で歌いながら録音して、帰宅してからレコーダーであらためて録音しました。

「伴奏はギターが合うような気がする……」
と思いましたが、
私はギターを弾けないし、歌い手でもないので、
誰か演奏してくれる人、歌ってくれる人はいないかなとあたってはみましたが、見つからず、
歌は私のアカペラ録音のままの状態になっていました。
(一度、参加したライブでアカペラで歌って頂き、とても嬉しかったのですが、それがもう最初で最後のことと思っていました)

震災から5年が経ちました。

ギター奏者、歌い手の協力者が現れました!

ギター歴も長く、現在はコラ(アフリカの楽器)奏者でもあり、シンガーソングライターでもある玄太さんのご協力で形になりました!
(玄太さんブログ http://koragenta.hatenablog.com/


タイトル「希望 ~明日のために~」

歌詞にある
「笑おう♪」
と歌っていると、落ち込んでいても自然に笑顔になります。
あらためて、言葉のチカラを感じています。

ラストの方で聞こえてくる会話は、
お世話になっている吉祥寺のアフリカンバー「アフリカ大陸」(http://yashizake.net/)での談笑が使われています。

ご協力頂き、形になったことに、本当に感謝<(_ _)>

せっかく生まれてきた曲なので、
何かのチカラになれば幸いです、という気持ちで、ネット上にアップさせて頂きました。

よろしかったら、聴いてみてください。

「希望 ~明日のために~」

希望ってなんだっけ
夢ってなんだっけ
天気予報はみてないけど
明日の空はわからないけど
たぶん明日はいい日だよ
きっと明日はいい日だよ
信じる心 それが希望
笑おう(笑おう)
歌おう(歌おう)
誰かのために 自分のために
笑おう(笑おう)
歌おう(歌おう)
あなたのために わたしのために
しあわせを伝えよう
想いをつなげよう

そんなこと無理だって
言われたけど諦めない
不可能を可能にするんだ
あふれる想像力が
心の中の風景を
現実にする
挫けない強さ
輝くとき
夢が叶う
笑おう(笑おう)
歌おう(歌おう)
たたきのめされたって がんばろうぜ
笑おう(笑おう)
歌おう(歌おう)
立ち上がって 歩き出す
心の灯りは
消さない 絶対

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

現存する世界最古の曲(歌)「セイキロスの墓碑銘」

唐突ですが、
最古の歌(曲)ってなんだろうって思って調べてみました。

日本だと、子守唄が古いとされているそうです。
地方によって歌詞は違うようですが、
東京だと「ねんねんころりよ」で始まる子守唄です。

実は結構怖い歌詞だという説もありますshock


古代の音楽は、今のように楽しむというより、儀式に使われるのが主だったという説もあります。
儀式というのは、例えば雨乞いだとか、神様にお願いするものなどがあげられます。


そして、なんと、世界最古と言われている曲(歌)があります!!

正確に言うと”現存している”世界最古の曲(歌)です。


ウィキペディアより
※引用※
セイキロスの墓碑銘(セイキロスのぼひめい、セイキロスのスコリオンとも)は、完全な形で残っている世界最古の楽曲の一つ。墓石に歌詞が刻まれており、歌詞の行間には古代ギリシアの音符による旋律の指示がある。墓石はエフェソスの近隣にあるトルコの都市アイドゥン(Aydın)近郊で発掘された。年代は紀元前2世紀頃から紀元後1世紀頃と推測される。

「わたしは墓石です。セイキロスがここに建てました。決して死ぬことのない、とこしえの思い出の印にと。」
古代ギリシアの音楽としては、これより古いものも存在する。だが短いながらも完全な形で残っている楽曲はこれが最古である。


エウステルペーの息子、セイキロスという人が親族のためにこの墓碑をたてたそうです。

使われている楽器は、リラ(リュラ)。
キタラの単純化された楽器。普通4弦か7弦。


そして、残されている歌詞が素晴らしいのです!

現代人でもグッとくるというか、
古代人から現代人へのメッセージというか、

いえ、そもそも人間というのは、時代が変わっても根本は変わらないのかな、

などということを、あらためて思ってしまう歌詞です。


以下、訳詩。

生きている間は輝いていてください
思い悩んだりは決してしないでください
人生はほんの束の間ですから
そして時間は奪っていくものですから


その曲がニコニコ動画にありました。

ニコニコ動画なので画面上のコメントが、、、、sweat02
な部分もありますが、、、、


心静かに、安らかに、
聴いてみてください。
古代人からのメッセージです。
今ある魂を、輝かせましょう。


| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

原点回帰

電車に乗っていたら、荒川の向こう側に落ちていく大きくて真っ赤な太陽が見えて、感動しました。
電車に乗ると毎日のように荒川を見ます。
私にとって”ふるさと”を感じるのは多摩川なのですが。


その話はとりあえず置いといて、お彼岸なので、お墓参りに行きました。
行きながら音楽でも聴こうと、出がけにバタバタとカセットテープをバッグに入れて出発。
何故、カセットテープなのかというと、親の自動車にはカセットデッキしかついていないからです。

カセットテープに入っている音楽というと当然なつかしい曲になるわけですが、思わず、
「うわー、この曲、すっごくなつかしい! でもすっごくいい!」
と思った曲がありました。
タケカワユキヒデさんの「ハピネス」。

↓今回紹介するのは日本語の歌詞ですが、カセットから聴こえてきたのは原曲の、全英語詞。
でもサビの部分の歌詞は同じなのです。
♪We are hoping for peace and freedom
Happiness happiness
We are working,loving,singing
Happiness happiness
In order to get happines
happiness♪

感動でした。
「うわー、これこそ、原点だ」
って思いました。

聴いていたら、いろいろ思い出してしまって、
例えば、訳がわからないガキンチョだった私が、タケカワユキヒデさんのインタビューを読んで感動したこと。
「今までつらかったことはなんですか?」
という質問に、タケカワさんは何て答えていたと思います?
「つらかったこと? ありませんねえ。 毎日楽しいことを探していると、何かひとつはあるもんですよ」

ガキンチョだった私だけど、ドキューン!と、きたのです。
「なんて素晴らしい人なんだろう!」
って。
それでガキンチョだった私は、タケカワさんが大好きになったのです。
ガキンチョだったくせに「これは愛だ」って思えるくらい、大好きでした。
だからタケカワさんのモノの考え方には、私はとっても影響を受けていると思います。

ゴダイゴがアフリカに行ってきた時に、ミッキー吉野さんが言っていた言葉も覚えています。
「アフリカの人たちってさあ、日が昇ったら起きて、日が沈んだら眠る。なんだか生きてるだけで幸せって感じなんだよね」

これを聞いたとき、つまらないコンプレックスなどで後ろ向きになっていた私はハッとしたのでした。
「ああ、私は”生きているだけで幸せ”っていう根本的なことを忘れていた!」
って。

曲を聴きながら、もっといろいろ思い出してしまったのですが、この曲、この歌詞、本当に、これが基本だよね、っていうか、これこそ大切なことなんだよねって思って胸が熱くなりました。

しつこいですが、
♪We are hoping for peace and freedom
Happiness happiness
We are working,loving,singing
Happiness happiness
In order to get happiness
happiness♪

これです、これでいいんですよ、きっと。
♪働いて 愛して 歌いましょう
しあわせのために♪


ピアノのイントロがまたなんともいえず、いい感じです。
では、聴いてみましょうっ♪
名曲ですー!

[ゴダイゴ]ハピネス 歌詞付

僕らは 平和と自由を願う
僕らは 働いて 愛して 歌う
しあわせになるために

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

サクラとムビラ

書き終えて保存しようとしたら、全ての文章が消えました。
ええ、挫けたりしませんとも……。



熱っぽくて喉が痛いというまるで風邪のような症状になり、
「花粉症の上に風邪ひいた!」
と体調ぐだぐだの私でしたが、どうやら風邪ではなく、それも花粉症の症状の一部だったようです。

この週末は大分花粉の量も減ってきたように感じましたが、どうでしょうか。
とはいえ、まだ3月。
油断はできません。




さて、そんなぐだぐだの中、楽しかった出来事など。

桜見物、つまりお花見を楽しんできましたーcherryblossom

石神井川をぶらぶらと飛鳥山公園まで。
最近、気温が低いせいか、満開という感じではありませんでしたが、綺麗でした。

こんな感じ↓
Sakura2_2


または、こんな感じ↓
Sakura_2



水面に影が落ちている感じが綺麗ですよねー

私は典型的なお花見の形、いわゆる桜の木の下で飲んだり食べたりして大騒ぎするお花見よりも、こういうふうにぶらぶら歩きながら桜の花の美しさに触れるようなお花見の方が好きです。


そして、その後、女同士でコラーゲン鍋。
おいしかった~。しあわせ~delicious





そしてそして、以前「ブライアンとキース・リチャーズ part19 & ジャジューカ・プロジェクト part10」でも紹介した、ムビラのライブにも行ってきました。

ジャジューカの件で、機会があればいろいろな民族音楽系のライブやイベントに参加しようということで、いくつかのライブやイベントに参加してきて、どれもとても素晴らしいのですが(素晴らしくないものは、敢えてブログには書かない)、彼(彼女)らの音は本当に素晴らしいのです。
演奏を聴いた後は、すっきりいい気持ち。
これこそ、トランスミュージック!
今も買ってきたCDを聴いていますが、いい気持です♪

以前にも書きましたが、ブライアンはムビラの演奏をしていましたっけ?
していたなら、その曲をあらためて聴きたいし、ブライアンがムビラを知らなかったのなら、ぜひこの音を知って欲しい(欲しかった)です。
ブライアンならこの音をどう感じ取って、どう色付けしてくれるのだろうと考えるだけでわくわくしてきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|