日々

January 31, 2017

Nhemamusasa ネマムササ

”ムビラ”というアフリカ、ジンバブエの楽器を弾き始めたのは2010年のことでした。

ブライアン・ジョーンズの影響でジャジューカに興味を持ち、民族音楽に興味を持ち、
いろいろ聴いているうちに、
自分も弾くようになっていました。

続けていると楽しいばかりではなく、苦しいこともありますが、
でも、やめるのは続けるよりももっと苦しい、
という想いで続けています。

続けていくこの想いに、ブライアンを重ねたりもしてしまいます。

そして若くして亡くなってしまったために、
ブライアンは苦悩のその後の世界まで行けなかったけれど、
私は行く、ブライアン、一緒に行こうね!などと思ってしまったりもします。


ムビラを弾いていると、大切なことをたくさん教えられているような気持ちになります。

例えば、こんなふうなこと。
『真剣に取り組めば取り組むほど、それは悩みの種にもなっていく。
でも本来そのことがもたらしてくれた、そのことがやりたいという、それが楽しいという魂の輝きを忘れるな』

つまり、「初心忘れるべからず」ということでしょうか。

うーん、
歓びを得られるものは、苦しみの種でもあるということかもしれません。

そんなこんなで、楽しみながら、苦しみながらやってきました。

ソロ演奏もアリだと思いますが、
私は複数名での合奏が好きです。

音を合わせるのは、音を合わせるのみならず、
他者の魂の鼓動を感じ取って、そこに自分を合わせていくことだと思うのです。
お互いがそれを出来たとき、綺麗な音が出るのだと。

私は、その感覚が大好きです。

この度、多重録音に挑戦してみました。

この音、私が8人くらいいます(笑)

「nhemamusasa(ネマムササ)」というのは、ムビラの中で一番有名な曲だと思います。

たくさんのことを学べました。
これからもコツコツと。
日々精進。感謝。

lyric by tonderai tirikoti
recording engineer:genta

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

January 09, 2017

「豚のムビラ」誕生秘話

「豚のムビラ」の動画を作りました。

2010年に作った物語を改めて動画にしてみました。




物語の誕生秘話です。

当時のブログ(http://moon999.way-nifty.com/blog/2010/08/post-de37.html)から抜粋、加筆。↓




*********************



そんなこんなで(ムビラを)習い始めて数か月、
やはり自分用の持ってないと練習もできない!と、ムビラを購入したのですが、買った日の翌晩、練習を終え、何気なくムビラを裏返してみると、
そこには、なんと豚のような顔が!pigぶひ~

いえ、本当に豚の顔があったわけではなくて、木目の模様が、まるで豚のような顔に見えるのです。
しかも、裏側のど真ん中に!pigぶひ~

ホラーじゃないです。可愛いです。
コレです。(クリックで拡大)
Photo

私はいろいろ話しかけながら、練習に励んでいます。


モンゴルの楽器で馬頭琴というのがありまして、その民話が小学校の教科書に載っています。
「馬頭琴 スーホの白い馬」
などで検索していただくと、物語が読めると思います。

馬頭琴というのは、棹の先端部分が馬の頭の形をしている弦楽器。

そこで豚の顔がついているムビラを手にした私は思ってしまいました。
「これって、私に豚とムビラをモチーフにした物語を作りなさいっていうこと?」

でも、すぐに笑って打ち消しました。
「ムリムリ、豚とムビラでどんな物語ができるっていうの? 絶対ムリだよ~」

と、笑いとばしていた私なのですが、またこれが、不思議なことが起こるものです。
その翌日には、物語がほぼ出来上がっていました。

主人公がまるでガチャピンのようですが、パクッたつもりはないんです。
緑色にしたために、ホント~にガチャピンもどきみたいになってしまったのですがsweat02


短い物語ですが、いくつかのテーマを盛り込んだつもりです。
肌の色、見た目などによる差別はダメだよってこと、
音楽には、それらの壁をなくすパワーがあるんだよってこと、
自分の責任は自分で果たしなさいってこと、
自分の利益のためじゃなくて、豚を助けたい一心で頑張った主人公の気持ち。
そして、サラリと「豚としての命が尽きる時」と書いていますが、豚は家畜として存在していたので、
長生きして、自然に一生を終えた、というのとは違うわけです。
生きていた頃の豚の想い、人間のために人間によって一生を終えた、その時の祈り、
そして今度はその豚のために、人間がムビラを奏でる――
そんなふうに全てのことは、どこかでつながっているということ。

う~ん、
世界にひとつだけ(?)のムビラを持っている私は(も)、旅に出なくてはならないのかもしれません……


*********************



よろしかったら読んでみてくださいませ。
「豚のムビラ」(テキスト版)↓
http://moon999.a.la9.jp/mbira.htm

youtube動画

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

December 31, 2016

短編小説「尊きもの(欲望と命)」の動画です!

短編小説「尊きもの(欲望と命)」の動画を作りました。

この小説はアフリカの伝統楽器「コラ(KORA)」とのコラボ作品です。
動画で、よりコラボ感が強くなったと思います。

ご覧くださいませ~^^

原作:http://moonvillage999.blog.fc2.com/blog-entry-75.html

BGM:「欲望と命」 オリジナル曲 by玄太さん:https://youtu.be/gCcs5ng_pG0





良いお年をお迎えくださいませ☆彡

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

December 17, 2016

クリスマスシーズンなので。

12月ですね

いろいろあった今年、
あと半月、何が起こるかわからない今年。

そしてクリスマスシーズンですね。

クリスマスカードです。
BGM付です。

よろしかったらどうぞ^^

クリスマスカード FROM Moon Village

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

January 06, 2015

あけましておめでとうございます

明けました。

遅ればせながらおめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

年頭ということもあってか、
そういうことでもないのか、
最近、よく話題に出ること。

「明確なイメージを持たなければ、やりたいことは実現しない」

「イメージが漠然としすぎていて、いったい何がやりたいのかわからないのはNG」

私、こういう話題、何だか疲れてしまうんですね。
大きな野望でも持たないとダメ、って言われている気がして。


そこで、
「どうしたいの? どうなったらいいと思う?」
と聞かれた私は、思わずこたえていました。

「別に大きな夢はないんだ。楽しく穏やかに過ごして、時にはくだらないこと言い合って心の底から笑って、
たまに少~し贅沢なことが出来れば、それで充分」

私たちって、
「もっと上を目指せ、もっともっと!」
を刷り込まれてきたような気がするのです。

本当は日々、穏やかに暮らしていけるだけで充分幸せなのに、
それじゃダメだ、大きな夢を持て、それを実現させなければならない、、、、


日々穏やかに暮らせれば、といっても、
別に怠けようと思っているわけではないです。

現実に戻れば、深刻にならなければならない問題もあって、
だからこそ、心底リラックスできる時間を持つことって、とても大切なんじゃないかって。


私はこのところ、
緊張感を強いられ、どこかビクビクしながら過ごしてきたような気がしています。
こんな状態からは脱出したい、と思っているのに、気分は落ちていくばかり。

せっかくの人生、こんなんじゃ勿体ない!

(たぶん少しはあるはずの)自分らしさも発揮できない!
なんの役目も果たせない!


あらためて、
「楽しむ」ことの大切さを教えられているような気がしているのです。

リラックスして心の底から笑う、
リラックスしてまったり過ごす、
それができるのってなんて幸せなこと。

決して自堕落になりたいわけではないですけれど。

そんなこんなで、年頭に思うこと。
とりあえず、これが実現できたらいいな。

↓こんな満月見上げながら、うだうだ夢を語り合う!(笑)

20150106moon

良い年にしていきましょう~♪


ではこの曲、聴きましょう!

THE ALFEE で「明日なき暴走の果てに」


さらば友よと 笑って別れた あいつの声が聞こえる
熱い時代の忘れがたみ
なつかしき恋よ夢よ友よ
未だゴールは見えず

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

September 21, 2014

頭痛。歯痛。

数年前、夜、寝ようとして、うとうとすると、
「あいたたたたッ!」
と、激痛で目覚めてしまう、ということがあった。

どんな状態だったのかというと、
歯痛からくる頭痛、という感じで、
右側の頬から頭にかけて、それこそ頭蓋骨が割れそうなほどの痛みに襲われた。

「痛いよ~、痛いよ~」
としばらく苦しんでいると、傷みも和らいだので寝た。

しかしそれが毎晩起こり、日中もその傷みが続くようになってしまった。

「少し前に歯医者さんに行った時に、悪くなっている歯があるって言われなかったけど」
と思いながらも、歯医者さんに行ってみた。

「虫歯はないよ」
とのことで、
続いて近くの整形外科に行ってみた。

「レントゲンも撮ったけど、かみ合わせも悪くないし、う~ん」
と、痛みの原因は不明。

私は、
「もしかして歯ぎしりが原因では?」
と自己診断。

私には(特にストレスが強くなると)歯ぎしりが激しくなる癖がある。

眠っている時の無意識でする歯ぎしりの激しさときたら、大変なものだそうで、
ひどい人になると、歯が砕けてしまうくらいなのだという。(自分で調べた)

「激痛の原因は、ストレスによる激しい歯ぎしりから起こる歯痛、頭痛かも!」
と思い、眠るときにマウスピースをするようにしたら、激痛は消えた。

要するに、自己診断通り、
激しい歯ぎしりが原因だった。

その頃の私ときたら、
このストレスが解決したら、また更なるストレスが!
という状況に置かれていたのだ。
(その後、そのストレスの元は、あれよあれよという間に、いい方向に転がって行って解決)


そして、最近、また歯痛と頭痛に襲われるという状況になっている。

歯を磨こうとして、痛みのポイントに触れると激痛が走る。
頭痛もする。
頬も痛い。
目もしばしばする。
(右側の)首筋も痛い。
(右)耳の奥も痛い。
(右側の)喉も痛い。

マウスピース装着も、最早効果がない。

鎮痛剤を飲むと、少しは痛みは和らぐけれど、根本的な解決にはなっていない。

これは前回のように、歯ぎしりだけが原因ではない、
と判断。
というか、
たぶん歯ぎしりが原因で歯に何らかの問題が起こった、
と判断。

とりあえず早急に歯を診てもらおうと思いつく。

昨日、
「予約してないけれど、診てもらえませんか? 痛むんです」
と歯医者さんに連絡をして、急きょ治療してもらうことに。

「以前、治療したところに隙間があいちゃってるねえ」
と。

そう、それ!
歯を磨こうとして、そこに歯ブラシが当たると激痛なんですっ

治療が始まる。

神経に当たるところになった時、
右半身に激痛が走った。
「※★×~~~ッ」(痛い~~~ッ、と訴えたつもりが、治療のため口をあけているので意味不明な言葉に)

「痛むかい?」
「ふがッ」(はいッ、と肯定したつもりが、口をあけたままなので、こんな発音に)

「麻酔をしよう!」
「ほがががががッ」(お願いします、と言ったつもりが、口をあけたままなので、こんな発音に)

一回目の治療を終え、レントゲンも撮り、次回の予約も取り、歯医者さんを後にした。

隙間がふさがったので、普通に歯磨きしても痛くないヽ(^。^)ノ

しかし、痛みは消えてない。
少し軽くなったけど、消えてない。
歯の奥に、鈍い痛み。そこから続く頭痛。


治療が終われば、すっかり痛みは消えるのでしょうか。


それはそうと、
今回の痛みのそもそもの原因もストレスから来ているのだと思う。

もう、私、楽しいことしかしない!
楽しいことしか考えない!

何をするのにも、身体が資本だもん。
体調悪くては何もできない!

深く考えれば、諸々の問題があるとしても、
今は自分救出が先決!

あるのかもしれない問題は後から考える!

もう、私は決意したのだ!
したのだーーーーッ(ノ`△´)ノ

笑うんだ! 笑うぞ!
あはははははははははははッヾ(≧▽≦)ノ


と、いうところで、
ロイヤルミルクティーでも飲みながら、
この曲、聴いてみましょうか。「Sympathy For The Devil」

おっ、ブライアン、ここではピアノ弾いてる♪



| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

July 21, 2014

赤い太陽

「太陽って、色で言ったら、黄色か金色なのに、
なんで絵に描くときには赤で書くんでしょうね? 日の丸も赤だし」

なんて話をした後、
「太陽が沈む時、まっ赤になって……」
という話を聞いたり、また、
「太陽は昇る時と沈む時にまっ赤になる」
という記述を読んだりした。

なに? 太陽が赤くなる?
よく考えてみれば、夕日は赤いし。
そっか、太陽は赤……、

と、思わず映像を探してみた。


おぉぉぉー

”太陽は黄色じゃなくて赤?”
という疑問を口にした後に、観ることになったこの映像。

なんだか太陽に、
「自分の見せ場は、この赤くなる時だから。これがいっちばんカッコいいところだから」
とアピールされたような気持ちになった。

太陽、すごい。

太陽が、
なんていうか、太陽が、
っていうか太陽に、
話しかけたい気持ちになってしまったというか……、
うまく言えませんが。


と。
太陽を話題にしつつ、
このブログは「月」の響きを聴きながら、
なので、
やはり月の話題を。

今更ですがエレファントカシマシの「今宵の月のように」、
いいな~と思った。

「くだらねえとつぶやいて~」
出だしから、心をつかまれる。

あ~、くっだらねえ、
偽善者ぶる奴らも、自分も、
傷つけあったり、
落ち込んだりする自分もちっちゃくて、くっだらねえ。

どうでもいいって言いながら、どうでもよくなくて、
必死に前向きになって、
でも前向きになったって、こんなの報われるのかよ、
って思いながら、
それでも精一杯以上のことなんて出来ないじゃん、
って過ごしていくしかなくて。

くだらねえ、って思いながら、
くだらなくなくなることを願ってる、
こんな考え方も、くだらねえ。

――な~んて気持ちになってしまう時、
輝けることを信じて、この曲、聴いてみましょう。


くだらねえとつぶやいて 醒めたつらして歩く
いつの日か輝くだろう あふれる熱い涙
いつまでも続くのか 吐きすてて寝転んだ
俺もまた輝くだろう 今宵の月のように


| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

July 05, 2014

再再「風に立つライオン」

以前にも2回ほど、「風に立つライオン」の記事を書いているので、これが3回目。


「風に立つライオン」(さだまさし著、幻冬舎)を読んだ。

これは、さだまさしさんの名曲、「風に立つライオン」の小説版、
2015年には映画化されるという。

この曲は何度聴いても泣いてしまう。
なんで泣けるのかわからなけれど、泣いてしまう。

小説も読んでいて涙ぐむことしばしば。
電車の中で読んだので困ってしまった。

この作品は実在の人物をモデルにしている。
1960年代後半、ケニアのナクールにある長崎大学熱帯医学研究所に出向した柴田紘一郎医師。

今まで曲を聴くたび、考えてしまう歌詞があった。

♪やはり 僕たちの国は残念だけれど
何か大切な処で道を間違えたようですね♪

私たち日本人は何を間違えてしまったのだろうか。
間違えたのなら、今を生きる私たちはその道を正していかなければならないけれど、
どう正していけばいいのだろうか。


小説は航一郎(小説ではこの漢字)を取り巻く人々が、彼のことを語る形で展開されていく。

印象的だったところ。
マーサイ(マサイではなく、正確にはマーサイらしい)の戦士たちと滝を見に行った時のこと。

「滝って凄いですね」
と航一郎が言う。
「だってあんなに水が落ちてくるってことは、あの上にそれだけ沢山の水があるってことでしょ?」

※引用※
「滝があるってことはその上には滝を作るだけの水があるってことなんですよね。それが涸れないってことは、涸れないだけの理由があるんですよ」
思いがけない言葉でしょ? なんだか僕、分からないなりに感動したなあ。
「先生、滝の水って一瞬たりとも止まらないんですよ。落ち続けてるんですよ。それでも涸れないんですよ。生きてるんですよ。いやあ、滝って凄えなあ」
あいつ泣きそうになって感動してるんだよ。さっきはその水を飲んでる写真なんか撮らせたくせにさ。
「涸れちゃ駄目だ」ってあいつ、必死に自分と闘ってたんだろうなぁ。実際ビクトリアの滝はザンベジ川の水量が支えてるんだものね。ナイアガラもそうだろ? 大きな水源がなければ大きな滝なんて生まれないってこと。人も同じだ、って航一郎は言ってたんだな。ずっと凄い滝でいるには自ら巨大な水源であれ、ってこと。確かに僕らはね、自分の心の水源が涸れることで自分という滝を失うんだろうな。


※引用※
「ガンバレ」は激励のエールだと和歌子は私に説明したが、後に航一郎が、それは「人に向かって贈るエールではない」と説明した。なぜならば人は誰でもがんばって生きているのだから、その人に「もっとガンバレ」などと他人が言うべきではない、と言った。
それでは誰に贈るのかと聞いたら、航一郎は「自分自身にだ」と答えた。
自分が情けないとき、心が折れそうなときに、自分を励ます言葉なのだそうだ。


12歳の頃、負傷し、航一郎に出会ったケニアの少年が大人になり医師になり、日本の被災地を訪れる。

※引用※
でも、もしもあなたの心が報われなくとも決して絶望しないこと。”愛”は、決して諦めることなく投げ続けること。自分の都合で人に求めないこと。
ンドゥング。
航一郎が好きだった言葉を贈ります。
『飽くことなく与え続けてください。しかし残り物を与えないでください。自分が傷つくほどに与えつくしてください』
マザー・テレサの言葉です。




私たち日本人は、
与えることを考えず、求めて求めて、
求めているのに報われなくて、
心は空虚、
なのかもしれない。

心の水源は空っぽで、心が涸れて、ヒリヒリしているのかもしれない。

痛むから、満たされたくて求めるけれど、求めるばかりだから何も満たされない。
痛む心では正常な判断が出来なくて、どんどん苦しい状況に向かってしまう。
このままでは自滅。

本当は、
与えることで満たされる心があるんだよ、
っていうことに気づくべきなのかもしれない。

しかし、
”傷つくほどに与えつくす”
という言葉には痛みすら感じます。
そう感じる私の心が既に”間違っている”のかもしれませんが。


心の水源を満たすために何が出来るのか、
どうしたら心は潤うのか、考えてみよう。
そのあたりに「間違えてしまった道を正す」ヒントがあるように思う。


「風に立つライオン」、名曲ですが、小説もおススメです。

そして、
やっぱり、この曲聴いてみましょう。
さだまさしさんの「風に立つライオン」


| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

January 06, 2014

お正月休み

長かったお正月休みも終わり、
約1カ月ほど、ひき続けていた風邪も治りそうな気配です。

約1カ月ほど前、
喉が痛い、
から始まった風邪のような症状が、年末の忙しさと重なって中々治らずdown

風邪声のまま過ごしていましたが、
中々治らないので、
「これは本当に風邪なの? この喉のむずむず感、もしかしてアレルギー?」
と、鼻炎アレルギーの薬を飲んでみたところ、効いている様子upup
早々に花粉症が始まったのでもないと思うのですが。


お正月は例年のように、初詣三昧。

混雑を避けて、日が暮れてから行くようにしているのですが、
本当は日が暮れてから行くのは良くないようで、
わかってはいるのですが、寒い中、数時間も並ぶのはどうしても^^;

なるべく遅めの時間に行ったら、30分くらいの並びでした。

神社に行くと、ひいてしまうのがおみくじ。

ふたつの神社で、なんと同じ番号の同じおみくじをひきました!coldsweats02

「ん? こんなこと、前にもあったような」
と思い返してみると、
最近では去年の初詣の時、同じおみくじを違う神社でひいていました。

強いメッセージ?
偶然?
それとも、
「(違う神社とはいえ)何回も、おみくじひかないように」
っていうことでしょうか?


ま、そんなこんなで、
年末に活けた花の蕾が開きました。
蕾の時はわかりませんでしたが、百合の花、白でしたcute
2014shougatubana


さて、お正月気分から抜けて、そろそろ始動!

「Jampin' Jack Flash」!


| | Comments (3) | TrackBack (0)
|

December 30, 2013

年の瀬に

ぴあ先行予約で3月4日のチケットをゲットしましたv

私にとって、初ストーンズ体験です^^

で、fbで知ったミックからのメッセージです。(TOBYさん、さんくすです)


魂が暴れだすような体験をしたり、
思い返せば怒涛のような一年でした。

でも、どうにか無事なので、それが何よりの幸せかなと。


遅れましたが、
メリークリスマスのブライアンです。↓
Brianchristmas


でもって、久しぶりに活けました、お正月花ですcute
花が開いてないので、まだちょっと寂しい感じ。

2014shougatubana_2


良いお年をお迎えくださいませ☆

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

より以前の記事一覧